更年期障害の症状の解説

g5jN

女性の人生は大きく5つの時期に分けられると考えられます。それは、幼少児期、思春期、性成熟期、更年期、老年期の5つです。その中の更年期とは、卵巣の機能が衰え始め、女性ホルモンの分泌が急激に減少し、生殖が可能でなくなる時期への移行期のことを言います。女性の生理は一般的に1年以上月経がなくなると、閉経と考えられます。更年期は、その閉経を迎える前後5年くらいの時期に当たります。もちろん個人差はありますが、日本人女性の閉経年齢で最も多いのが50歳だといわれますので、更年期はおよそ45歳から55歳くらいと考えられます。

女性の人生は女性ホルモンの影響を大きく受けています。女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌量は30代中盤でピークになります。そして30代後半あたりから、エストロゲンの分泌量は少しずつ減っていき、40代中盤になると急激に少なくなります。エストロゲンの分泌をコントロールするのは脳の視床下部にある下垂体と呼ばれる部分ですが、エストロゲンの分泌量が減ると、下垂体は、卵巣からエストロゲンを分泌するように命令します。しかしいくら下垂体が頑張っても、卵巣機能は衰えているのでエストロゲンは生産できません。これにより脳は混乱をします。脳の視床下部は、人体の機能を調節する自律神経もコントロールしています。しかしこの混乱が、自律神経のコントロールにまで影響を及ぼし、体の様々な不調を招く原因になります。そしてこの様々な不調のことを更年期障害といいます。

更年期障害には色々な症状がありますが、主な症状は、ホットフラッシュといわれる体や顔のほてりやのぼせ、そして大量の汗をかくことの2つがよく言われています。また、最近の日本の更年期女性の特徴として、ホットフラッシュや大量の汗よりも、肩こりや憂うつを訴える人が多くなってきています。他にも、手足の冷えや動悸、めまいといった体の不調や、イライラや不安といった心の不調など様々な症状があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>