ニンニクと善玉コレステロール

健康を維持するためにはまずは現在の健康状態をしっかり理解しておくことが大切です。
健康だと思っている、特に異常を感じていないという場合でも意外と健康診断の結果がよくない結果が出たということは少なくないものです。
血液検査などは手軽に受けられる検査ですので、定期的に行っておくことがおすすめです。

血液検査では血糖値や中性脂肪など様々な数値がチェックされますが、コレステロール値が高いことを指摘された人も多いのではないでしょうか。
コレステロールは体に必要な大切な成分ですが、あまりに過剰にあると血液中の脂肪分が多くなり、いわゆるドロドロ血と呼ばれるものとなってしまいます。
放置していると動脈硬化が進んだり、脳梗塞や心筋梗塞のリスクも高まりますのでやはり改善を目指しておきたいところです。

さらに総コレステロール値が低いからといって安心というわけではありません。
善玉と悪玉のバランスも大事ですので、善玉が少なく、悪玉の数値が高いという場合はやはり改善が必要です。

正常な数値に近づけるためにはやはり運動や食事療法を取り入れていきたいですが、数値の改善に役立つとされている食品もありますので、積極的に取り入れていきましょう。

にんにくは古くから健康維持に良いとされる食品ですが、コレステロール値の改善にも役立ってくれます。
にんにくにはコレステロールの合成を抑制する効果があるとされており、さらに悪玉を減らし、善玉を増やしてくれるともされています。
にんにくにはアリシンなどのイオウ化合物が含まれていることで知られていますが、こうした成分は活性酸素を除去し血液の酸化を防ぐのにも役立ってくれます。
血行の改善にも役立つ食品ですので、積極的に取り入れていきたいですが、やはり強烈な臭いがあるので、毎日食べるのはやはり難しいものがあります。

臭いを気にせずにその栄養素、成分を摂取するのであれば加工されたサプリメントや健康食品を利用することもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>