サプリメントの加工方法

sapurikatati

サプリメントを選ぶとき、値段や有効成分などは気にしている方は多いですが、加工処理まで気にしている方は少ないように思います。しかし、サプリメントにはさまざまな加工方法が存在しており、しかも、処理方法によって有効成分の含有量が全くといっていいほど違ってきますので、しっかりとチェックしておきたいポイントの1つになります。

たとえば、私たちが普段する料理をイメージしてもらうと分かりやすいと思います。食材は調理方法によっては、栄養が壊れてしまうことは知られています。特に注意したいのが熱です。加熱処理はビタミン類やミネラルなどの成分を壊してしまうため、効率的に栄養を摂取するためには生のまま食べるのがいいとされています。サプリメントも同じく、加工方法の中には加熱処理をすることで加工している商品があります。特に、40度以上の高温で処理している商品は、有効成分が失われてしまうためおすすめできません。

そのため、加熱処理しているものであっても、成分が壊れない「低温処理」をしているものを選ぶか、または加熱処理以外の方法でサプリメントを加工している商品を選ぶことがポイントです。それぞれの細かい加工方法を知らなくても、パッケージを見ることで、どんな方法で加工されたのかが書いてある商品もあります。また、より確実に知る方法としては、ネットの商品ページをチェックしてみることもおすすめです。さらには、高温処理を採用している商品は加工コストを低く抑えられるというメリットがありますので、あまりにも低価格な商品トには手を出さないことをおすすめします。

ビタミンやミネラルといった成分は、どうしても熱に弱い性質があるため、サプリメントであっても注意しなければいけません。普段服用している商品に栄養がほとんど含まれていない、なんてことも考えられますので、十分な効果を実感するためにも、どんな加工方法でサプリメントを形成したのもしっかりとチェックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>